グリコール酸ピーリング 自宅

自宅でグリコール酸ピーリング!注意したピーリング石鹸の種類や濃度

ニキビ

 

美容皮膚科やエステ、クリニックなどでも受けることの美容皮膚科やエステ、クリニックなどでも受けることのできるグリコール酸ピーリングですが、ピーリング石鹸を使えば自宅ですることもできます。

 

ドラッグストアやネットなどで手軽に購入することができるので、エステや美容皮膚科はちょっと..と思われる方には是非、ピーリング石鹸をオススメします。

 

また、刺激が少ないので自分のペースでお手入れして綺麗な肌に近づけます。

 

 

ピーリング石鹸の種類やグリコール酸の濃度

 

ひとまとめにピーリング石鹸といってもいくつか種類があり、その成分は大きく分けて二種類に分けられます。AHA・BHAです。

 

まずAHAとは、りんご酸、グリコール酸、クエン酸などの総称(別名フルーツ酸と呼ぶこともある)です。

 

また、BHAはサリチル酸を指します。BHAは皮脂が詰まっている状態の毛穴に対してなじみやすいのですが、法律により0.2%しか配合で着ないことになっており、効果としては弱すぎるので、市販の石鹸はAHA配合の物が一般的とされています。

 

AHAの中でもリンゴ酸やクエン酸は効果が弱く、医療機関でも使用されているグリコール酸がピーリング力が高く、更に配合率が高いと更に効果は高まります。(4%以上だと高いと言われています)

 

ピーリング剤にも色々と種類がありますが、石鹸タイプは除去した古い角質とピーリング剤を一緒に洗い流せることができるので肌への刺激が少ないとされています。

 

使い方は、ぬるま湯でしっかり肌の汚れを落としてからたっぷりと泡立てたピーリング石鹸で優しく洗います。しっかりと洗い流してからはしっかりと保湿をしてください。肌の様子を見ながら週一回程度行いましょう。

 

グリコール酸ピーリング石鹸を選ぶ時のポイントとしては、グリコール酸がどのくらい配合されているかということです。ネットで購入できる物の中にはグリコール酸10%前後を配合した物もあり、かなりの高配合といえます。

 

 

自宅グリコール酸ピーリングの口コミ

 

グリコール酸ピーリング石鹸を使った方の口コミをいくつか紹介します。

 

 

小鼻の黒ずみをなんとかしたくて購入してみました。泡立てネットで泡立てて、額と鼻に乗せて3分…ピリピリ感もそれほどなく、効いているのか不安でしたが、洗い流したらビックリ!黒ずみがすっかり取れていました。ピーリング石鹸ってスゴイですね!?これからは黒ずみが出てくる前に、週1くらいで使用していこうと思います。オススメです♪

 

週2回を目安にと書かれているので、守って使っていますが、毎日使いたいくらい洗い上がりがすっきりします。ただ、手にとってお湯を足すと石鹸のように固まってしまうので、直に顔に伸ばして、それから少しずつお湯を足して馴染ませてから洗い流しているので、使い方を間違ってるかも。それでも洗い上がりはお肌が柔らかくなります。

 

普段はお風呂上りにコットンで顔・ひじ・ひざのふき取りをしていましたが、その手間がなくなりました。これで普段通り全身を洗うだけで、肌がスルンとします。特にひじひざがスルンとした肌触りになるのは感動。摩擦もしなくてよくなったので肌にもよさそうです。顔には2分ほど泡パック。洗い流した後はすぐに水分補給できるように、お風呂上りに洗面所で行います。余談ですが…胸の色が明るくなりましたので、色を薄くしたい方は試してみる価値ありです。

 

 

自宅でこのような肌に優しい成分の多いグリコール酸ピーリングを使用した場合、もちろん美容皮膚科などで受けるケミカルピーリングよりは安全性は高いですが、とはいえどう使用しても問題は無いということではありません。

 

自分でする分、使用頻度・回数はキッチリと守ること、肌を摩擦しないこと、なにかしら傷や肌荒れが見られる時には使用しないこと、ピーリング使用後は、しっかりとした保湿を怠らないことなどの基本的なことは守って使う必要があることを忘れずにしてください。

 

また、美容皮膚科・クリニックでの施術の場合でも5回〜10回と繰り返して受けることで効果が実感できるといった方法ですので、より安全性を高めた家庭用のグリコール酸ピーリングの場合では3ヶ月〜半年くらいと長いスパンで効果がでてくるのを期待して続けましょう。